名古屋で就職先を探している方必見!口コミや評判が高いおすすめの就労移行支援事業所を厳選して5つご紹介します!

発達障害の「グレーゾーン」就労移行支援は受けられる?

公開日:2021/07/15

グレーゾーンで、就労移行支援が受けられるかどうか悩んでいる人は多いのではないでしょうか。発達障害の診断基準に満たない場合は、就労移行支援サービスの利用ができません。日常で困ることがあっても理解が得られないので、つらいですよね。今回は、グレーゾーンの症状や頼れる支援機関について紹介します。

グレーゾーンとは

グレーゾーンとは、発達障害と似た症状で悩んでいるのに診断されない状態のことです。明確な基準がないために、はっきりとわからないのが特徴です。医師に発達障害と診断されていませんが、困ることがあるのでまわりに理解されにくいといえます。

グレーゾーンはどんな人か

グレーゾーンの人は、以下のような特徴を持っています。

・毎日の体調に関係なく発達障害の診断領域に近い人
・調子が悪いときだけ、診断領域に入る人
・診断されるたびに、ほぼ診断領域内に入っている人

なぜ発達障害と診断されないか

グレーゾーンの人が、発達障害と診断されないケースは体調面が安定しないからです。受診したときに、体調が良ければ診断されないことがあります。発達障害は、医師の問診があるので判断がわかれます

グレーゾーンの人の症状

グレーゾーンの症状について、知っておきましょう。

・会話中に相手をイライラさせる
グレーゾーンの人は、人と話すときに細かい内容が理解できません。そのため、会話中に相手をイライラさせることもあります。

・友人関係が長続きしない
友人ができてメールやラインを教えてもらっても、自わから連絡する人は少ないです。ですから、友人ができても長続きしません。

・自分が思っていることを正確にいえない
グレーゾーンの人は、会話中に自分の思いを正確に伝えられません。たとえば、雑談中に声をかけられてもどのように話していいかわからなくなるのです。

・整理整頓が苦手
整理整頓が苦手なので、部屋が散らかってしまうという傾向があります。

・丁寧な指示が必要
グレーゾーンの人は、仕事で丁寧な支持を出さないと混乱しやすいです。なぜならニュアンスや加減を理解するのが、苦手だからです。

グレーゾーンの人の悩みとは

グレーゾーンの人が仕事を探すときの悩みは、症状があるのにつらさをわかってもらえないことです。医師の診断書が下りないため、障害者手帳を持つことができません。そのため発達障害と同じような悩みがあるのに、障害者枠での申し込みもできなくなります。グレーゾーンの人が仕事でミスが重なっても、周りから能力が低いと思われます。就職希望のグレーゾーンの人は、自分の特性を理解することが大切です。

「グレーゾーン」が就労移行支援を受けるのは難しい

グレーゾーンの人は、発達障害の症状は出ていますが診断はされていません。発達障害の診断基準に達していない人を、グレーゾーンと呼んでいます。そのため、発達障害に特化した就労支援を受けることは難しいです。就労移行支援の対象となるのは、身体障害者・知的障害者・精神障害者・発達障害。難病などを抱えている人です。就労移行支援を利用するには、障害者手帳をもっていなくてもよいです。しかし、自治体が行っている就労支援事業所の利用は医師の診断書の提出が必要です。

頼れる支援機関はある?

ここでは、グレーゾーンの人が頼れる支援機関について紹介します。

発達障害支援センター

発達障害者支援センターは仕事面だけでなく、症状に悩む本人や家族をサポートしてくれます。医師の診断がなくても、発達障害に似た症状があれば相談が可能です。精神保健福祉士や社会福祉士など、発達障害に詳しいスタッフが在籍しています。自治体によって相談内容は違いますが、就労支援のサービスがあります。グレーゾーンの人に、ハローワークと連携してアドバイスをしてくれます。

障害者就業・生活支援センター

障害者就業・生活支援センターは、働きたいけど体調も生活も不安な人が相談できる機関です。都道府県のなかに、相談機関があるので立ち寄りやすいのが特徴です。医師の診断書がなくても、社会生活が困難な人は問い合わせが可能です。初回の面談では、現在の症状や体調・就労状況・生活状況についてヒアリングがあります。

若者サポートステーション

仕事に悩んでいる15歳~49歳までの人に対し、相談ができます。コミュニケーション訓練や、就労体験を実施しています。支援は、厚生労働省が委託したNPO法人や株式会社が行っています。すべての都道府県に、設置しているので利用しやすいです。

ハローワーク

ハローワークは、職業相談ができる国の機関です。ハローワークには、一般の窓口と障害者の窓口があります。障害者の窓口では、診断書や障害者手帳がなくても不安であればサポートしてくれます

 

グレーゾーンは、発達障害とよく似た行動で困っていても診断されません。医師の診断書がないと、就労移行支援の利用はできません。しかし、困っている人で診断書がなくてもサービスを受けられる公的機関があります。発達障害支援センターや障害者就業・生活支援センター・若者サポートステーション・ハローワークです。公的な支援機関で、自分の苦手なことを理解して就職活動をスタートしましょう。

名古屋でおすすめの就労支援事務所おすすめ5選

イメージ
会社名エール天白名古屋ライトハウス 光和寮パッソウェルビーLITALICOワークス名古屋千種
特徴訓練も、就職活動も、就職継続もずっとサポート就労移行支援、就労継続支援B型に対応一歩踏み出す手伝い、長く相談できる事業所全国展開していて全体の実績が高い会社オンライン講座も活用して就職に備える
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索