名古屋で就職先を探している方必見!口コミや評判が高いおすすめの就労移行支援事業所を厳選して5つご紹介します!

就労移行支援事業所は辞められる?退所方法について

公開日:2021/04/15

通所し始めたものの、どうしても自分には合わない、体力・精神的に無理だと思った場合、就労移行支援事業所を辞めることを検討するかもしれません。本来なら、就労移行支援事業所を辞めるのは就職が決まったことが理由になるはずですが、それ以外の理由で辞めることはできるのでしょうか?この記事では、就労移行支援事業所の退所方法を解説します。

退所する方法

結論からいうと、就職が決まっていない場合でも就労移行支援事業所を辞めることは可能です。どうしても合わなくて、体力的・精神的に辛くて病状が悪化するようなら、辞めることも必要な選択になるでしょう。しかし、辞めると決めても退所の方法がわからない、退所するのは難しいのではと不安もあるものです。それでは、退所する方法について説明します。

公的な書類・手続きは不要

就労移行支援事業所を退所する場合は、公的な書類・手続きは必要なく、意思を伝えれば辞めることはできます。ただし、公的な書類や手続きが必要なくても、事業所によって「退所願「や「利用終了届」などの書類が必要になるでしょう。辞めることを口頭や電話で伝え、そのまま事業所へ行かなくてもよいわけではありませんから注意してください。

退所するときの手順としては、まず辞めることを事業所に伝えて事業所に必要な手続きを教えてもらいます。そして来所し、必要な書類に記入するという流れになります。何をもって退所手続きとなるのかは事業所によって異なるため、辞めることを事業所に伝える際に、必要な手続きについて教えてもらうようにしましょう。

人によっては、辞めることを口頭や電話で伝えるのが難しい場合もあるかもしれません。そのような場合は、手紙など書面で知らせてもよいでしょう。また、担当の相談支援専門員がいる場合は、そちらに相談し事業所に伝えてもらい、調整することも可能です。

退所した後はどうする?

就職が決まったことで退所する以外の、退所後の行き先にについて説明します。

就労移行支援事業所を変える

就労移行支援事業所を変え、別の事業所に移ることを選ぶ人もいますが、少数のようです。

就労継続支援に移る

退所した後に別の就労支援サービスを受ける場合は、別の就労支援事業所ではなく「就労継続支援」を検討することが多いようです。就労移行支援が合わないことが原因で辞める場合は、就労継続支援B型につなぐことも行われます。人によっては就労移行支援から就労継続支援A型に変わるケースもあるようです。

就労継続支援A型とは
事業所と雇用契約を結んで働くことで、労働に対する賃金が支払われます。

就労継続支援B型とは
事業所と雇用契約は結ばず、事業所で行った作業分の工賃が支払われますが、「雇用型」のA型よりも支払われる賃金は安くなります。B型は、A型が難しい人向けの就労継続支援で、まずB型でトレーニングして経験を積み、A型や就労移行支援を目指すことも可能です。

在宅となるケース

退所した後は、ほかの就労支援サービスを利用することなく、在宅となる人も多いでようす。在宅で就労移行支援を受講することもできますが、コミュニケーション能力や働くためのスキルを向上させるためには、在宅だけでは難しく事業所に通うことが望ましいでしょう。

生活介護サービスを検討する

就職を目指そうとするときに生活能力の向上が課題となるなら、生活介護サービスを検討するのもおすすめです。障害福祉サービスのひとつですが、生活介護サービスにより日常生活のサポートを受けることができます。

その他

施設への入所、医療機関に入居するケースもあります。また、転居により通所が難しい場合も、事業所を退所することになるでしょう。これらのケースの場合、状況が落ち着けば再び就労移行支援を利用できるかもしれません。就労移行期間の利用期間は2年間あるので、その間に状況がよくなったら再利用を検討してみましょう。

辞める前に

就労移行支援事業所を辞めることは可能ですが、自分はなぜ辞めたいと思うのか、継続は本当に難しいのか、そして辞めた後はどうするのかなど、考える時間をつくってみましょう。

自己分析してみる

辞めたいと思う理由について自己分析してみましょう。自己分析し、辞めたい理由がはっきりしたら、それにより対処できることもあります

相談してみる

辛いこと、悩んでいることがあり事業所を辞めたいのなら、事業所のスタッフに相談してみることで、辞めるのを防ぐこともできるでしょう。悩みは1人で抱え込んでいると悪い方向に向かうものですが、人に相談することで自分の気持ちを整理でき、問題が解決することもあります。事業所のスタッフ以外にも、かかりつけの医師に相談し話を聞くのも効果的です。

通所日数を減らしてみる

体力的・精神的に辛いという場合なら、通所する日数を減らしてみることで状況が改善する可能性があります。通い始めはとくに辛いかもしれませんから、慣れるまでは1週間に通う日数を減らす、午後からの通所にするなど無理なく通えるペースにしてみましょう

 

就労移行支援事業所を辞めることは可能で、退所方法もそれほど難しいものではありません。辞める前に辞めたい理由を分析し、対処法を試してみることをおすすめします。

●でおすすめの●5選・ランキング

イメージ
会社名エール天白名古屋ライトハウス 光和寮パッソウェルビーLITALICOワークス名古屋千種
特徴訓練も、就職活動も、就職継続もずっとサポート就労移行支援、就労継続支援B型に対応一歩踏み出す手伝い、長く相談できる事業所全国展開していて全体の実績が高い会社オンライン講座も活用して就職に備える
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【名古屋】おすすめ就労移行支援事業所の口コミや評判