名古屋で就職先を探している方必見!口コミや評判が高いおすすめの就労移行支援事業所を厳選して5つご紹介します!

就労移行支援はどれくらいの期間利用できるの?延長は可能?

公開日:2021/04/15

就労移行支援の利用を検討しているが、通所期間が気になる人もいるでしょう。サービスの期間中には、職場体験があり採用後の不安を減らすことが可能です。今回の記事では、就労移行支援の期間や延長できるかどうかについて紹介します。期間内に就労に結びつかなかった場合の支援についても解説するため、利用したい人は参考にしてください。

就労移行支援の利用期間

就労移行支援の利用期間は原則として2年間となっており、期間内に働くための知識や能力を身につけられます。就労移行支援事業所でマナーやスキルを身につけたら、ひとり一人に合った就職をサポートしてくれるようです。家にいる期間が長くなると、決まった時間に起きられない人も多いでしょう。体調や生活リズムが乱れている人も、事業所に通うと生活習慣が自然と整ってきます。朝起きる時間と朝食の時間が決まると、睡眠時間も安定する可能性があるでしょう。睡眠時間が整うと、体調がよくなったと感じるかもしれません。

利用者の中には、2年間は長いと思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、これまでの生活習慣を変えていくには、短期間では難しい人もいるものです。施設のスタッフは、利用者の気持ちに寄り添って就職支援計画を立ててくれます。安定して施設に通えれば、企業に採用してもらうときに有利となるでしょう。

利用者の中には、充分なスキルがあって短期で就職したいという人がいます。早めに就職したい方は、職場でインターンとして働くことが可能です。仕事の経験がなくスキルに不安がある人は、興味があるプログラムを受けられます。就労支援移行事業所で自分に合う仕事を見つけると、就職のミスマッチが少なくなるでしょう。就職率や定着率も、施設を利用しないケースに比べて高いという結果が報告されています。

期間の延長はできる?

延長は1年で審査が必要

就労移行支援は原則2年間ですが、最大1年間の延長が可能です。しかし、延長は誰でもできるとは限りません。就労移行支援の延長には、自治体の審査が必要です。延長は自治体と事業者が判断し、就職の見込みがある人に限られます。実際には、3年目の延長申請は希望しても認められないケースもあるようです。そのため、2年間で就職できるようにコツを知っておく必要があります。

2年間で就職を決めるために

2年間で就職したい人は、自分に合う施設を探すことが大切です。最初にホームページで就労支援事業所の住所、プログラムを確認しましょう。可能であれば、施設の見学や体験をおすすめします。事業所に通うのが不便な場合は、気に入ったプログラムでも継続利用が難しくなるためです。

事業所の雰囲気が自分に合うかどうかも、選ぶときの重要なポイントとなります。自分にとって興味がある技能を習得できるかどうかも、チェックしておきましょう。市町村やハローワークに、専門の職員を配置しているので相談可能です。自分と合わないと感じる要素が多い場合は、ほかの事業所を探しましょう。

期間延長の申請方法

就労移行支援制度の延長申請は、地方自治体により方法が異なります。そのため、就労移行支援事業所のスタッフにサポートを依頼するとよいでしょう。

申請方法の流れ

・自治体に延長申請書を提出(就労支援事業所もしくは個人)
・自治体が審査する
・審査で妥当性が認められると延長が決定

延長ができない場合

延長できない場合は、就労継続支援の事業所で働くことができます。就労継続支援は、一般企業で仕事をするのが難しい人に、働く機会を与えてくれるサービスです。内容や対象者によってA型とB型にわけられます。

A型事業
A型事業の利用者は雇用契約して、毎月給与をもらいます。最低賃金が保証されており、働く時間によっては社会保険にも加入できるようです。A型で働く人は、仕事を継続しながら就職のための知識や能力を学べます

・B型事業
B型事業の利用者は、雇用契約を結ばず作業分の工賃を受け取ります。工賃は少ないですが、労働時間に融通が利くのがメリットです。勉強や訓練を継続しながら、就労継続支援A型を目指す人もいます。

就労移行支援の再利用はできる?

就労移行支援事業所は再利用が可能です。具体例として、再利用を希望する人の特徴を挙げましょう。

・仕事をやめて年数が経過しているのでもう1度学びたい
・就労移行支援事業所を変えたい
・転居した

利用期間が2年以内なら、就労移行支援の再利用が可能です。再利用を希望している人は、市町村の障害福祉課に相談してみましょう。

 

今回は、就労移行支援の利用できる期間や延長できるかどうかを紹介しました。就労移行支援の利用期間は、原則として2年です。利用者に就職の見込みがあれば、1年間延長できます。しかし延長申請は、就職できる可能性が少ないと認められないケースがあるようです。そのため希望する人は、ホームページでプログラムを確認し、職場体験に行ってみることをおすすめします。就労移行支援は、ひとり一人の状況やニーズに合わせてプログラムを組んでくれるでしょう。

名古屋でおすすめの就労支援事務所おすすめ5選

イメージ
会社名エール天白名古屋ライトハウス 光和寮パッソウェルビーLITALICOワークス名古屋千種
特徴訓練も、就職活動も、就職継続もずっとサポート就労移行支援、就労継続支援B型に対応一歩踏み出す手伝い、長く相談できる事業所全国展開していて全体の実績が高い会社オンライン講座も活用して就職に備える
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索