名古屋で就職先を探している方必見!口コミや評判が高いおすすめの就労移行支援事業所を厳選して5つご紹介します!

就労移行支援を利用して就職を成功させるためのポイント!

公開日:2021/04/15

障害者や難病を抱えている人でも、就労移行支援サービスを利用して就労のための準備を行い、過去には難しかった一般企業への就職を果たしています。しかし、就労移行支援を利用したからといって、誰もが就職できるわけではありません。この記事では、就労移行支援を利用して、就職を成功させるためのポイントについて説明していきましょう。

きちんと通う

就労移行支援を利用して就職を成功させるために、最も大切な1つめのポイントは、きちんと通うということです。きちんと通うとは、決められた日の時間に通うことですが、身についていなければ就労も困難になります。「まだ就職したわけではないから、就職したら遅刻せずきちんと通う」と思うかもしれませんが、いきなり習慣化することは難しいものです。就労移行支援事業所に通所し始めたら、その期間も始業時間までに事業所に到着することを心がけ、予定にない休みは控えるようにしましょう。

また、きちんと通うことは遅刻や休み癖を直すことだけでなく、事業所の就労支援員への印象をよくすることにもつながります。もし遅刻や急な休みが多ければ、「就職しても遅刻や欠勤が多くなる可能性がある」と就労支援員は判断することもあるでしょう。遅刻や急な休みがなく、安定して通所することは実績として評価され、面接でも有利になります

通所時の遅刻や予定外の休みは、企業側もその理由を気にするものです。就職した場合に、「遅刻や予定外の休みもOKですよ」という企業は少ないため、きちんと通うことは就職を成功させるための絶対条件でしょう。

きちんと通所するために必要なこと

きちんと通所するためには、規則正しい生活を送ることが大切です。具体的に説明していきましょう。

・遅刻しないよう、朝は時間に余裕をもって起床する
・食事は決まった時間に、規則正しくとる
・夜更かしせず、疲れを翌日にのこさないため睡眠を充分とる

規則正しい生活を送ることで体調を整えることができ、疲れを溜めにくくなります。生活を見直すことで朝スッキリと目覚めることができ、遅刻や予定外の休みを減らすことにつながるかもしれません。就労移行支援事業所へ通所を始めたら、始業時間までに事業所へ到着すること、それに予定外の休みを取らないようにすること、この2点は就職を成功させその後も仕事を続けるための重要なポイントになるのです。

自分の状態を理解し、伝えられる

自分がどのような障害や難病を抱えているのか、また、自分がどのような状態なのかを、周囲の人に伝えられることも、就職を成功させるためのポイントになります。企業の担当者は、障害者や難病を抱えていることを承知しているわけですから、どのような障害・難病なのかを面接で尋ねてくるはずです。その際にしっかりと説明しなければならないため、自分自身の状態について伝えられるように整理しておく必要があるでしょう。

たとえば、精神障害なら、発症した経緯(いつ、どのように)、発症した際にどのような症状が現れるのか、症状が出たらどう対処するのかなど、訪ねられたらすぐ答えられるように備えておきます。

また、現在の状態がどうなのかを周囲に伝えることが大切です。落ち着いている状態なのか、不安定な状態なのか、客観的に判断し伝えることができれば、周囲の人も対応しやすくなります。自分の状態がよくないのに、それを伝えず仕事を引き受ければ、自分が辛いだけでなく仕事を中断することで、周囲に迷惑をかけることになるでしょう。自分は何ができて何ができないのか、どのようなサポートが必要なのか、自分で把握して周囲に伝えることが大切です。

就活に積極的

働くのは自分ですから、誰かが就職先を見つけてくれるまで待つような、受け身の姿勢では就職を成功させるのは難しくなります。就労移行支援は、あくまでも就労をサポートするサービスであり、本人に働く意思がないのに無理やり就職させることはありません。自分はどのような仕事をしたいのか、自分に合った求人はあるのかなど、意欲を持って積極的に就活することこそ、成功への近道になるでしょう。

 

就労移行支援は、就職先を見つけるための就職活動を行えるだけでなく、就職するために必要な力をつけることもできる場です。障害者雇用で企業が求めるのは、きちんと出社して急な遅刻や予定にない休みを取らないこと、周囲の人としっかりコミュニケーションを取ることです。通所を始めたら規則正しい生活を心がけ、就職してもきちんと出社できるような習慣を身につけるよう努めてください。さらに、周囲と円滑にコミュニケーションを取れるよう、自分の状態を把握し伝えられるようにしましょう。

受け身ではなく積極的な就活を行うことで、希望に沿う就職ができるかもしれません。就労移行支援で就職が成功しても、そこがゴールではありません。その後も仕事を継続し生活を安定させることが大切なので、そのためにも、規則正しい生活とコミュニケーションを、通所しているうちに身につけるようにしましょう。

名古屋でおすすめの就労支援事務所おすすめ5選

イメージ
会社名エール天白名古屋ライトハウス 光和寮パッソウェルビーLITALICOワークス名古屋千種
特徴訓練も、就職活動も、就職継続もずっとサポート就労移行支援、就労継続支援B型に対応一歩踏み出す手伝い、長く相談できる事業所全国展開していて全体の実績が高い会社オンライン講座も活用して就職に備える
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索