名古屋で就職先を探している方必見!口コミや評判が高いおすすめの就労移行支援事業所を厳選して5つご紹介します!

就労移行支援に行きたくなくなってしまった時の対処法!無理せず通おう

公開日:2021/04/01

就労移行支援事業所に通い始めたけれど、行きたくないと思ったり行こうとすると気が重くなったりすることも少なくないようです。「通うと決めたからには続けるべきだとわかっているけれど、自分には合わないみたいだし辞めたい」と思っても、すぐに事業所を辞めることは避けましょう。辞める前に試してほしい対処法について、この記事で紹介します。

利用日数を減らす

就労移行支援事業所に行きたくないと思う理由は、人それぞれ異なるはずですが、次のようなものが考えられます。

▪体力的に難しい、ついていけない
▪精神的に厳しい、辛い
▪スタッフと合わない
▪他の利用者と合わない
▪プログラムや支援内容が合わない
▪通うことに意味がないような気がする
▪特別な理由はないけれど、ただ面倒くさい

このいずれかに、当てはまるケースが多いのではないでしょうか。行きたくない理由が「体力的に難しい、ついていけない」「精神的に厳しい、辛い」場合は、利用日数を減らすことも検討してみましょう。障害や難病を抱えている人に限らず、誰でも新しい環境に置かれたらストレスを感じるものです。知らない場所で慣れないことを、知らない人に囲まれて行うのですから、緊張しないはずがありません。

通所日は帰宅すると疲れが出て、今週はあと何日行かなければならないと思うと、気が重くなり辞めたくなるでしょう。また、体力には自信がある人でも、慣れないことを連日行えば、身体がついていかないと感じるかもしれません。障害者や難病を抱えている人ならなおさら、心身ともに負担だと思う可能性があります。

そこで、慣れるまでは利用日数を減らすことで負担を減らし、通所を継続する方法を選んでもよいでしょう。ただし、自分が休みたい日に休むのではなく、慣れるまで通う日数を減らしたいと理由をはっきりと伝えることが大切です。最低でも週に1~2日は通い、日数を徐々に増やしていくようにしましょう。

就労移行支援事業所を変更する

どうしても合わないと感じるのなら、就労移行支援事業所を変更し、他の事業所に通うのもひとつの方法です。上記のように「慣れるまで利用日数を減らしたい」と伝えても、許可されなかった場合は、就労移行支援事業所を変更することを検討してもよいでしょう。

就労移行支援事業所は、2年間の範囲内であれば変更することも可能なので、変更したいと伝えても無理だと断られることはないでしょう。ただし、変更したらまた新しい環境に慣れるために体力を消費する可能性もあり、イメージとのギャップから変更したことを後悔するかもしれません。

就労移行支援事業所の変更をスタッフに相談した時点で、考え直すように諭されることもあるでしょう。変更を止められたとしても、絶対にもうここでは無理だと思うのなら、変更したい理由をしっかりと説明できるようにしておきます。スタッフから改善案を出される可能性があり、その内容に納得できるのなら変更せずに通所を続けることもできます。

席を変える

就労移行支援事業所に利用者の中に、苦手な人がいたり一緒にいることで集中できなくなったりする人もいるかもしれません。苦手な人と席が近く、それが原因で事業所に行きたくないと思うのなら、思い切って席を変えてもらうことを検討してみましょう。ただし、自分が席を変わるということは、他の誰かも席を移動することになりますから、その人への気配りや感謝の気持ちを忘れないようにしてください。

就労移行支援に行くことを習慣づける

行きたくない理由が「面倒くさい」である場合、朝起きるのが苦手な人なら通所するために起きるのが辛く、寝ていたいと思うでしょう。面倒くさいから今日は休む、翌日になってまた面倒だと思ったから、もう行かなくてもいいや、と考えるかもしれません。どうしても行きたくないのなら、通所の日数を減らしてでも通うことを習慣づけましょう。習慣にすることでそれほど辛いと思わなくなり、通うことも苦にならなくなるかもしれません。

就職したいという希望があるのなら、行くことを習慣づけることはとても意味のあることです。もしそこで通うのを諦めたら、就職を成功させることも難しいでしょう。簡単には習慣にできない、わかっているけれど通所は面倒くさいと思ってしまうのなら、頑張って通所し続けた月は欲しかったものを買ったり、通所日は美味しいものを食べたりするなど、ちょっとした贅沢をして頑張った自分にご褒美をあげるのもよさそうです。

 

就労移行支援に行きたくなくなってしまった時の対処法としては、

・利用日数を減らす
・就労移行支援事業所を変更する
・席を変える
・就労移行支援に行くことを習慣づける

などがありますが、いずれの場合も自分だけで解決できるものではなく、就労移行支援事業所のスタッフに自分の思いを伝え相談することが大切です。その上でどのような方法を取るのかが決まり、相談することで最適な対処方法が見つかる可能性もあります。行きたくない気持ちにうまく対処できたら、実務でも役立つことでしょう。

●でおすすめの●5選・ランキング

イメージ
会社名エール天白名古屋ライトハウス 光和寮パッソウェルビーLITALICOワークス名古屋千種
特徴訓練も、就職活動も、就職継続もずっとサポート就労移行支援、就労継続支援B型に対応一歩踏み出す手伝い、長く相談できる事業所全国展開していて全体の実績が高い会社オンライン講座も活用して就職に備える
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【名古屋】おすすめ就労移行支援事業所の口コミや評判