名古屋で就職先を探している方必見!口コミや評判が高いおすすめの就労移行支援事業所を厳選して5つご紹介します!

在学中から就労移行支援の利用は可能?条件によっては利用できない可能性も

公開日:2021/06/15

就労移行支援事業所を利用したいという人はどれくらいいらっしゃるのでしょうか。今回は、在学中の人が就労移行支援の利用が可能かどうかを解説します。年齢や条件によっては、利用できないケースもあるので注意が必要です。在学中で就労移行支援を利用したいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

就労移行支援の利用条件

就労移行支援は、訓練を受けながら一般企業への就職を目指します。障害を持っている人で、一般企業で働きたいという希望がある人が対象です。就労移行支援には、利用条件があります

精神障害・知的障害・発達障害・身体障害・難病がある人

障害手帳を持っていない人も、主治医の診断書や通院があれば利用できるケースがあります。精神障害者のみを、対象にしている施設もあるので確認しましょう。

就職を希望している人

就労移行支援は、一般企業に就職したい障害者の人をサポートしてくれます。就職を希望していない人は、利用できません。

年齢は原則18歳以上から65歳未満の人

就労移行支援には、年齢制限があります。原則、18歳以上から65歳未満の人です。利用できるのは2年までで、審査により1年の延長も可能です。

高校生は年齢条件により利用できない

高校生は年齢条件により、就労移行支援の利用はできません。ですから、利用したい人は高校卒業後になります。ただし、高校生でも夏休みなどの長期休みを利用して見学や体験ができるケースがあります。在学中に事業所を決めておけば卒業してからすぐに、訓練をスタートできます。ホームページをチェックして、気になる事業所があれば先生や自治体に相談しましょう。

大学生・専門学生は利用できる

大学生・専門学生は、就労移行支援事業所を利用できます。卒業後にすぐに就職するのが不安な人は、就職担当の先生や市町村に希望を伝えましょう。事業所は、在学中らビジネスマナーやパソコンスキルをサポートしてくれます。入社後にスムーズに仕事をするためには、在学中から利用する方が安心できます。

利用についての注意点

ホームページでプログラム確認する

希望者はホームページを見て、自宅に近い就労支援があればプログラムを確認しましょう。市町村の障害福祉課では、就労支援事業所の情報が手に入ります。興味がない分野なら、就職できる可能性が低くなります。

自分の障害の特性を理解して選ぶ

自分の障害の特性を知った上で、事業所を選ぶことは大切です。たとえば、通学に時間がかけるのが苦手な人は家から近い事業所が向いています。人が多く集まるところがつらい人は、少人数で参加できるカリキュラムがあるかどうかを確認しましょう。

見学に行く

気に入った就労移行支援事業所があれば、予約をして見学に行きましょう。プログラムは知っていても、見学した方が雰囲気がわかるからです。ほかの利用者さんと交流して、自分に合っていないと感じる人もいます。

体験する

体験学習は、就労移行支援を希望している人におすすめです。なぜなら、実際にトレーニングを受けるので継続できるかどうか検討できるからです。もしも疑問点があれば、担当者に質問しましょう。

在学中から利用することのメリット

在学中から、就労支援事業所を利用することでどんなメリットがあるでしょうか?

就職活動期間が短くできる

在学中に就労支援事業所に通うと、就職活動時間が短くなります。卒業後から通い始めると、就職活動する時期が遅くなるからです。在学中から、ビジネスマナーやパソコンスキルを学べるのは魅力です。ビジネスマナーは、社会人として働く上で重要視されています。挨拶や言葉の使い方を学ぶことで、お客さんとの信頼関係ができます。敬語は苦手という人も、基本的な使い方がわかります。最初は難しいと感じる人も、慣れてくるとスムーズに話せるようになります。

またパソコンスキルを身につけると、応募できる求人の数が増えます。一般的に使うことが多い、ワードやエクセルを段階的に学ぶことができます。さらに、実践的なトレーニングも行っています。データ入力で、疑問に思う箇所があれば、インターネットで情報収集します。正しい検索方法について、トレーニングが可能です。専門的なwebデザインや、プログラムを学べる事業所もあります。

障害について理解してもらえる

通っている大学の就職担当の先生は、障害者の就職について理解していないケースもあります。その点、就労移行支援事業所のスタッフは障害を理解してサポートをしてくれます。さらに病気のことを理解してくれるだけでなく症状のコントロール方法も学べます

就職後も相談に乗ってくれる

就労移行支援事業所は、在学中だけでなく就職した後も相談できます。就職した後に、人間関係や仕事のストレスで悩む人にうれしいサポートです。

 

今回は、在学中から就労移行支援の利用が可能かどうかを紹介しました。高校生は年齢制限により利用ができませんが、見学や体験ならできます。大学生・専門学生は在学中から利用が可能です。在学中に就労移行支援を利用することで、就職活動が楽になるはずです。

名古屋でおすすめの就労支援事務所おすすめ5選

イメージ
会社名エール天白名古屋ライトハウス 光和寮パッソウェルビーLITALICOワークス名古屋千種
特徴訓練も、就職活動も、就職継続もずっとサポート就労移行支援、就労継続支援B型に対応一歩踏み出す手伝い、長く相談できる事業所全国展開していて全体の実績が高い会社オンライン講座も活用して就職に備える
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索