名古屋で就職先を探している方必見!口コミや評判が高いおすすめの就労移行支援事業所を厳選して5つご紹介します!

ウェルビーの画像1

会社名 ウェルビー株式会社
住所 東京都中央区銀座2-3-6 銀座並木通りビル7階
電話番号 0120-655-773
おすすめポイント全国展開していて全体の実績が高い会社

ウェルビーは、知的障害、発達障害、統合失調症、うつなどの障がい・病いを抱える人に向けて就労移行支援を行なっている事業所です。全国に77センターを構えていて、就職後、全体の半年定着率は90.1%とのこと。名古屋には、名古屋駅前センターなどがあります。

また、未経験の職種を希望していた障がいを持つ人のうち、70%以上の人が就労・企業への就職に成功しているそうです。スキルの習得だけでなく、生活習慣の見直しなどトータルでサポートしているのが特徴で、就職活動サポート、就職後の支援も行われています。

ウェルビーの特徴

ウェルビーの画像2
ウェルビーは全国展開している事業所で、約80のセンターを運営しています。

実際のオフィスのような作り

ウェルビーの就労移行支援の特徴は、一般的なオフィスを再現されたセンターにあります。実際に働くオフィスを想定した場所で、パソコン研修、電話受付の訓練、ビジネスマナー研修などが実施されます。実際の場所を想定された作りになっていると、就職した後にギャップが少なく、戸惑うことが減りそうです。

名駅から徒歩4分

名古屋駅から徒歩4分のところに立地していて、ビルの9階にセンターがあります。名古屋駅周辺で働くことを想定している場合には、事業所への通所が通勤の練習になりそうです。

就職をしたことがない場合や、離職期間が長い場合、企業は「きちんと通勤してくれるかどうか」という点で不安になることがあります。そのため、事業所へきちんと通所していたということは就職活動の際、面接でのアピールポイントになります。

ウェルビーでは、継続して通うことができるよう、無理のないペースで日数や時間を調整し、規則正しい生活リズムを整えていきます。

ウェルビーのカリキュラム、サポート内容

ウェルビーの画像3
ウェルビーで提供している就労移行支援の内容についてご紹介します。

カリキュラム

通常のオフィスを再現した事業所内で、実務に必要なスキルを身につけられるカリキュラムが用意されています。たとえば、パソコンのスキル向上と言っても、スタート時点での個人のスキルはさまざまです。

ウェルビーでは個人個人のレベルに合わせたカリキュラムが組まれるので、パソコンの作業を全くしたことがないという方でも安心です。個別にカウンセリングを行い、計画書も個人に合わせて作成されます。それらに基づいたサポートで、一般企業が求める人材への成長を手伝ってもらえます。

生活トータルサポート

利用者には専任担当職員がつき、個人個人のスキルや体調に合わせた計画が練られます。随時面談を行い、利用者が抱える課題を発見し、それに応じた目標設定を行います。必要に応じて主治医やその他支援機関と連携し、就職のことだけでなく、今の生活がより豊かになるようサポートしてもらえるそうです。

就職活動サポート

センター内の職業訓練を通して就職に必要な能力を身につけたら、就職活動を行います。就職活動のために、履歴書や職務経歴書の作成・添削・アドバイスも随時行われていて、模擬面接の練習、必要に応じて面接への同行なども行われます。企業の見学、実習先の紹介なども行なっています。

就職後のサポート

就職後、長く勤めることができるように、利用者と企業の間に立ってサポートを行ってもらえます。

就職率、定着率は?

ウェルビーの画像4
ウェルビーでは、全体の就職数などがホームページで公開されています。

就職率、就職先

2019年の時点で73センターあり、1センターあたり定員20人、満員だったと仮定すると全体の人数は1460人です。2019年度の就職人数は847人なので、就職率は約57%と推測されます。未経験職種を希望した場合でも70%以上と、就労移行支援センターとしては低くない水準だと思います。

就職先は事務職が多く、次いで軽作業、接客・営業となっています。こちらのセンターは身体的障がいだけでなく、統合失調症、うつ、双極性障害など精神疾患を抱えた人の利用が多いというのも、事務職への就職が多い理由かもしれません。

定着率

ウェルビー全体の数字で、名古屋だけに限った数字ではありませんが、就職後半年の定着率は2018年10月から2019年9月の間で90.1%と高い水準になっています。

公式ホームページには就職先や、さらに細かい地域別の数字なども公開されているので、気になった方はチェックしてみてください。

交通費や昼食の支給、利用料金は?

利用料金、交通費などについてご紹介します。

交通費、昼食、工賃

ウェルビーでは交通費は支給されません。昼食に関しては、利用者の口コミで「希望者は用意される」「食費が浮いた」という書き込みを見かけたので、希望すれば支給されるようです。また、実習などで作業を行っても工賃は支給されないようです。こちらは「よくある質問」にて回答されていました。

利用料金

利用者が負担する料金は、サービス提供費用の1割を上限として、世帯の所得に応じて負担上限額が定められています。ウェルビーの利用者の9割以上の方は利用料金を負担せずに利用しているとのことです。詳しい料金については公式ホームページをご確認ください。

まずは「問い合わせ・見学」をしてみよう!

ウェルビー名古屋駅前センターは、名駅の太閤通南口から徒歩4分のところにあります。他に、周辺に千種センター、名古屋駅前第2センターも。全国で展開していて利用してきた人の数が多いので、さまざまな口コミの書き込みがなされています。よくないことも書かれていますが、規模が大きい会社にはつきもの、という部分もあります。

全てを鵜呑みにせず、実際に見学などへ出向き、自分の目で確認してみることをおすすめします。電話、公式ホームページのメールフォームから申し込みが可能です。気になった方は一度、連絡してみてください。

ウェルビーの口コミや評判

匿名

就労移行支援事業所ウェルビー名古屋駅前センター

まだ体験中で全てを知ったわけではありませんが、スタッフの柔軟な対応、優しい指導には共感を持てます。来ている人それぞれに合った対応をしてくれるので、とても良い事業所だと思います。

引用元:google.com

就労移行支援を利用するかどうか判断するときにチェックしておきたいのが、スタッフの口コミです。どれほど実績が豊富であったとしてもスタッフの口コミが悪いと、通い始めてから辛い思いをする可能性があるからです。

その点で、ウェルビーのスタッフの口コミは良いものが多くみられ、スタッフの質の良さが伺えます。

それぞれが違う悩みを抱えていることを理解した上で、適切な就労移行支援をしてくれます。

匿名

就労移行支援事業所ウェルビー名古屋駅前センター

ここの就労移行支援しか行ったことがないので他の事業所は分かりませんが、スタッフさんとは気軽に話せる方たちが多いです。
色んな相談にも対処してくれますし、私も無事に就職が決まりました!

引用元:google.com

せっかく決意して就労移行支援を受け始めたのに相性が悪いせいで、他の施設に移動しなければならないのは悲しいことです。余計なことに時間を取られないためにも、良い施設で就労移行支援を始めたいものですね。

ウェルビーのスタッフは口コミの通り相談しやすい人が多く、丁寧なサポートを受けることができます。

色々と悩みが多い就職活動を、豊富な事例をもとに適切にアドバイスをしてくれるのが魅力です。

ウェルビーへのアクセス

名古屋駅前センター:〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町17-15 ユース丸悦ビル9階
各線「名古屋」駅(太閤通南口) 徒歩4分

名古屋駅前第2センター:〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町10-14 坪井ビル3階
各線「名古屋」駅(太閤通南口)  徒歩6分

千種センター:〒464-0075 愛知県名古屋市千種区内山3-10-22 YAMATOビル 3階
地下鉄 桜通り線/東山線「今池」駅(1番出口) 徒歩4分

金山センター:〒460-0022 愛知県名古屋市中区金山2-16-22 守随ビル4階
JR各線「金山」駅(金山総合北口) 徒歩5分

サイト内検索

名古屋の就労支援事業所おすすめ5選!

イメージ
会社名エール天白名古屋ライトハウス 光和寮パッソウェルビーLITALICOワークス名古屋千種
特徴訓練も、就職活動も、就職継続もずっとサポート就労移行支援、就労継続支援B型に対応一歩踏み出す手伝い、長く相談できる事業所全国展開していて全体の実績が高い会社オンライン講座も活用して就職に備える
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく